総量規制で分ける

カードローンは大きく消費者金融系、信販系、銀行系に分けることができます。それぞれのカードローンは金利、期間、限度額などでそれぞれの特徴を生かして普及しています。

 

もう一つカードローンの分け方として総量規制の対象か対象外かでも分類することができます。総量規制は貸金業法に決められています。簡単に説明しますと、銀行以外からの借り入れが年収の3分の1以上ある個人は新規の借り入れができなくなることです。

 

総量規制は借り過ぎや貸し過ぎを防ぐために2010年6月に施行されました。総量規制は多重債務による経済的破綻などを防止するために作られた法律です。対象のカードローンは消費者金融系や信販系の発行するカードです。

 

銀行系のカードローンは総量規制の対象にはなりません。銀行などは貸金業法に縛られないからです。銀行法や信用金庫法などには総量規制の文言はありません。銀行等それぞれの審査基準によって個人に融資が実行されます。

 

しかし銀行等は敷居が高いなどの昔からのイメージがあり敬遠する人は少なくありません。最近ではインターネットの普及で自宅に居ながらにして手続きができるようになったので、その障害は取り払われつつあります。

 

総量規制対象のカードにするか、対象外のカードににするか、消費者個人の使途目的や緊急性に応じて使い分けすることが大切ではないでしょうか。どちらにしても借りすぎて借金が支払えないとなると困るので、総量規制の有無に関係なく、借り過ぎには注意をしてください。